今後の予定
2018年 
10/13(土) 11/3(土) 12/8(土) 1/6(日) 2/3(日) 3/2(土)

場所:三好丘緑地
時間:10:00~15:00
持ち物:弁当・水筒・着替え・敷物
『けがとお弁当は自分持ち!』
予約不要(直接お越しください)
雨でもやってます。
連絡先はこちらmiyoshi.ppark@gmail.com

face book もやっています!

2017年12月15日 17:52

Tさんお話会&神カフェ

本日のTさんお話会は、みよしプレパのメンバーの他に
もりそら卒園生のママやとよプレの世話人の方も交えて行いました。



自己紹介をしながら
Tさんはいつもお話の時にパッと西暦が出てくるのがスゴい!
という話題に、
それは年号だと明治時代前は、どんな年号かうる覚えで怪しい、
確かに!
西暦でお話した方が、19??年私の生まれた年には世界は何が起こっていたのかを知る事でどういう時代だったか時代背景が見えるでしょ~
な~るほど~考えた事なかった!
自分の生まれた年に何が起こっていたか調べると楽しいかも。
そうすると偉人も私が生まれる何十年前に生きていた人なのね~
と実感できるかも!

江戸時代は、尾張藩、三河藩などそれぞれの藩で何万というぐらい
寺子屋があった、その時代は寺子屋=侍を育てる学校であった。
村に芝居小屋を作り芝居を見せていた。
明治時代には西洋の文化が入ってきて今まで混浴だったお風呂も男女別にしましょうという風習が流行ってきた。
国は芝居小屋なんか要らない、つぶして学校を作りなさい!
と芝居小屋をつぶして、芝居小屋に使われた古木を小学校を立てる材木に使った。
明治時代の人はチョンマゲや着物の人がいたり、
かたや
ワイシャツなど西洋の文化も入って色々な服装、髪型の方がいて、
何が正しいか困惑しなかったのかしら(笑)

イギリスでは、権利とはあたりまえの事として周知しているが、
日本では「~の権利」というと、固く聞こえ躊躇してしまう。
国民性の違い?日本は権利プラス義務とくっつけて考えてしまう。

子どもに「勉強しなさい!」ではなく
子どもは遊べば、それが勉強となるのに、
子どもを学校に行かせる事が親の義務になっていないか?
子どもが羊としたら、親はシェパード。
羊が群れから離れようとしたらシェパードが枠に入れようと動く。
この例えに オー!まさに!

ウェア会社●atagoniaの商品カタログに
こんな事が書いてあるから面白い、とカタログを見せてくれました。
「私たちは遊ぶことは子供たちの権利であると信じています なぜなら私たちは遊ぶことこそが、子供が未来に備えるための手段であることを知っているからです」と。
あとは多機能で長持ちするので、サイズアウトしたら友人などにおさがりとして譲ってあげて下さい!と謳っていますが、
ウェア会社はたくさん買ってほしいはずなのに、こんな事書いていて面白い!確かにお高い値段のウェア!
でも遊びに対して共感持てました。


その後は、持ち寄りランチをしながら、いろいろと相談話。
年代によっては悩みも違う。
人生はいつも勉強。
生きるって大変だけど仲間がいれば悩みも ”なんのその”
楽しいね。
  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)