今後の予定
2018年 
 1/13  (土)   2/3  (土)  3/3 (土)
4/7(土) 5/12(土) 6/10(日) 7/8(日) 8/23(木) 9/1(土)

場所:三好丘緑地
時間:10:00~15:00
持ち物:弁当・水筒・着替え・敷物
『けがとお弁当は自分持ち!』
予約不要(直接お越しください)
雨でもやってます。
連絡先はこちらmiyoshi.ppark@gmail.com

face book もやっています!

2018年05月13日 13:24

プレパ大盛況なり。

プレーパーク開店!?は10時。
今朝、スタッフが9時半頃からボチボチ準備を始めていたら、ぞくぞくと家族連れが!!!
増える増える!
あれよあれよという間に80人ぐらいの人が芝生広場に。
春だから?学校で配ってもらったから?
びっくりでございます。


ボランティアのパパさんたちがアスレチックネット張ってくれてるのを待っているちびっこたち。


工作コーナーでは4年生Sちゃんが時計を作っていた。
幼稚園の頃から常連のSちゃんの工作は毎回進化している。
木をとにかく切る!から始まって
机や椅子ばっかりの時期もあったし、友達のプレゼントを作ってるときもあったね。


Kイチさんの側にはぴったりと弟子を名乗るTくん。
彼の技も進化してたなぁ!
コマの綱渡りができてる、おとうさんもいたね!


こちらはサンシン教室。
Kちゃんが弾いてたサンシンの音、癒やされた〜!
親子じゃないのに何気にペアルック(笑)


木箱で作ったカナヘビの家。
三匹のカナヘビ、壁がひくいから、すきあらばと逃げ出す。
こっちが逃げ、あっちも逃げた!
あぁ!大変!
あまりの逃げっぷりに、途中で捕まえるのを諦めてたね。
カナヘビってヘビじゃなくて、トカゲに似ているの。トカゲはツルツルしっとりに対して、カナヘビは薄茶で背中がガサガサなんだよ〜。
なんで、ヘビってつけられちゃったのかね〜。


ザリガニ釣り。
小学生は手を突っ込んでザリガニ掴み。


ザリガニをとってた小学生女子4人組の中の1人が突如として号泣。
虫かごに入ったザリガニたちを見て「ザリガニがかわいそう。こんな知らない人たちに、無理やりつかまって。私、最初からとるのは反対だったのに。。。」と。
衝撃でした。
ザリガニは外来種だからとっていいよ〜って思ってたけど、そう思う子もいるんだ。。。
ザリガニの気持ちを考えれる小4。
スゴイです。。。

スラックライン。
大人も楽しいのだ。



今の芝生広場はプレパにとって、ベストコンディション。
シロツメクサが生えてて〜、虫やカナヘビもいっぱいいて〜。
そして、母たちはシロツメクサの冠作りに没頭。


芝生にこんな看板がたっていたよ。
遊園地楽しみにしてます。


毎度人気のドッチビー。


今回も嬉しい出会いがありました。
みよしの南部、保田が池でプレパをやりたい!って思ってるおかあさんたち。
熱い熱い気持ちを語ってくれました!
その情熱と仲間がいれば、できるよ。
応援に行くよ!

保田が池公園。とっても素敵な公園です。
自主保育もりそらでやったプレパ第1回目は保田が池でやったなぁ。
懐かしい〜っ!


うちの長男、3歳だったのね。今や3年生。
この服!今、下の子が着てるなぁ!

この頃に保田が池にあった木製アスレチックが、朽ちてきて次々に撤去されてるのは寂しいなぁ。
一枚目の写真の遊具はほぼ無くなってる。
きっと、メンテナンスがすごく大変なんだろうな。
ケガとかも心配だろうし。
けど、子どもたちが恐怖心と葛藤し、高い高いトーテムポールのてっぺんに手が届いた時の達成感は、子どもたちのココロにとって計り知れない影響があるんじゃないかな〜と思う。

冒険遊び場協会東海運営委員のがくちゃんが、「ここはプレーパークにもってこい!プレパのフィールドの中でもかなりいい線いってるわ〜」と絶賛した場所。保田が池。
ぜひ、行ってみてね!

冒険って、なんとなくジャングルに探検に行くって感じがするけど(私だけ?)、いつもより高い石垣から飛び降りるのも、気に登ってみるのも、秘密基地作るのも冒険。

子どもたちがちょっと冒険したり、ワクワクする公園って、大人がオススメする公園じゃなかったりするんだよね。
子どもにはすべり台とかブランコだけじゃない、自分たちで創り出す遊びがあることを手渡したい。

初めてきたお母さんが「すっごく楽しかったから、来月以降の予定に入れとく!」と言ってくれた。
すごくうれしい〜っ!

来月は6月10日(日)だよ〜!

(うえ)













、  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)