今後の予定
2019年 あきふゆ 
10/12(土) , 11/2(土) , 12/1(日) , 1/11(土) , 2/2(日) , 3/7(土)

場所:三好丘緑地
時間:10:00~15:00
持ち物:弁当・水筒・着替え・敷物
『けがとお弁当は自分持ち!』
予約不要(直接お越しください)
雨でもやってます。
連絡先はこちらmiyoshi.ppark@gmail.com

face book もやっています!

2018年12月19日 23:02

防災。備災?

いつやってくるかわからない巨大地震。
(って、毎日ラジオラヴィートで言っている。)
南海トラフの上、東海地方の住人である私たちは、なんとなーく、「いつか来るかも、、、」と思ってはいるけれど、毎日何か備えてるという人は少ないのかもしれない。かく言う私もその一人。

常々、防災という言葉にピンと来なかった私。
漢字を見ると「災害を防ぐ」って。。。
うーむ、しっくりこんなぁ。

「災害に備える」だし、「備災」!ってどうだ!?
と思って、備災で検索してみた。
そしたら、、、、すでにある言葉でした!
家庭備災.net


うちの押入れにしまいこんでいるリュックの中身も見直さなきゃな。

みよしプレパは、ずーっとずーっと、かまどベンチがほしくてほしくてたまらないんです。
なぜかと言うと、火をちゃんと扱える人を増やしたいから。


ガスのスイッチを捻れば、火がつくのが当たり前。
じゃ、いざとなったら、どうするんだ?

マッチが1箱あったとして、安全に、身体を暖めれる状態にすることって大人でも難しい。

枯れ枝を持ってきて、枯れ葉や松葉を着火剤にし、太めの木に着火するまで、一体何本のマッチを消費するだろうか。
果たして、1箱で出来るのか???

みよし市は5年生のキャンプ合宿があって、そこで初めてマッチを手にする子どもも。
おっかなびっくりにシュッと。
そりゃ、そうだよね。お仏壇がある家ならともかく、マッチをする機会なんて、大人でも滅多とないわ。

確かに「火」は怖い。
やけどしたら熱いし、火事になったら怖い。
でも、そういうことは火を使いながら、風向きを感じたり、小さなアチッ!を積み重ねて、カラダでおぼえていく。
つい、60〜70年ぐらい前までは、かまどの火をつけてご飯を炊き、お風呂は子どもとかが、外から火吹き棒でフーフー沸かしてたんだよね。

はぁ〜、、、それを考えると、今はホント便利な世の中ですわ。
でも、、、あれ?人類退化してないか?

全国のプレーパークでは、火を使えるところも多いです。
この辺では豊田や天白とか。
子どもたちを見てると、自分で火をつけて、鍋に湯を沸かしてラーメン食べてたり、小腹がすいたら、オタマに砂糖入れてベッコウアメ作ったりしてて、なんともたくましい。

それに、火の周りにいると留まる時間が長くなって、大人も子どもも会話が始まる。
これも、地域とつながる小さなきっかけ。

そりゃ、冬になったら、寒いから〜というのもあるんだけどね。

最近、URが手掛けている防災公園の記事を見て、素晴らしい!と思ったので転載。
かまどベンチの記載もありました!

(うえ)

↓UR都市機構の防災公園街区整備事業


。。。。。。。。

住宅地から避難しやすい場所に公園部分を設け、最大6600人の避難者が座れる平坦な芝生広場を整備。
公園の周囲には、延焼を防ぐ防火林が植えられている。
線路をくぐるアンダーパスも整備され、線路の反対側との通行も便利になった。

非常用トイレ

駐輪場のマンホールは下の汚水管に直接流せるようになっていて、災害時にはトイレとなる。全部で21穴設置。

かまどベンチ

普段はベンチだが、災害時は上部をはずし、脚部をかまどとして利用できる。

雨水貯留槽

公園内に降った雨水を溜め、平常時は樹木の散水用に利用。災害時は消火用水として利用する。

あずまやとパーゴラ(日除け)

災害時にはここにテントを張り、救護施設などに利用する。

ハイブリッド照明

風力と太陽光を利用したハイブリッド照明を3基設置。停電時にも灯りを提供する。


URは地方公共団体とともに各地で密集市街地の整備改善に取り組んでいる。

事前防災とは、読んで字のごとしで、
想定される災害の被害を最小限に抑えるため、事前に対策を講じること。
今後、巨大地震の発生が懸念されている自治体では、事前防災への取り組みが始まっている。
URはこれまでの災害復興などで蓄積されたノウハウを活かすべく、
自治体の事前防災の支援に着手している。



Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。