今後の予定
2017年
4/1 (土)    5/14 (日) 6/4 (日) 7/1 (土) 
   8/6 (日)   9/2 (土)   10/14 (土)
11/18 (土)  12/3 (日)
2018年 
 1/13  (土)   2/3  (土)  3/3 (土)

場所:三好丘緑地
時間:10:00~15:00
持ち物:弁当・水筒・着替え・敷物
『けがとお弁当は自分持ち!』
予約不要(直接お越しください)
雨でもやってます。
連絡先はこちらmiyoshi.ppark@gmail.com

face book もやっています!

2017年06月19日 22:08

IPAJAPANのTさんとのお話会

IPAJAPANのTさんとのお話会は本日三回目。
今日もいろんなお話を聞かせていただきました。

『スポーツと遊び』
「楽しい」から始まったはずのスポーツが変わりつつあるコト。
「競う」ことが優先され、スポーツする子どもたちには厳しい時代なんだそうです。
国によっては競技そのものをやめようという流れもあるとおっしゃってました。

『多世代のつながり』
イギリスのコミュニティは教会であって宗教でつながっている。
昔の日本は「村」がコミュニティであって、「○○さんとこの△△さん」って、名字、下の名前、屋号で呼び合ってどこの誰かがわかってた。
団地だったら、2号棟の○○さんとか。
話をききながら、ご近所ってどこまでわかるかなぁ。と考えてしまった。。。
地域の多世代が繋がるには、「子ども会」とか「老人会」とか住み分けをするんじゃなくて、「カフェ」がいいんだよ。と教えていただきました。
日本の文化で靴を脱ぐことで人を迎え入れるけど。
やっぱり一線なんです。
お年寄りが靴を脱ぐのって、大仕事。
でも、カフェって靴を脱がずに1人でもフラッと入れる。
そんな場所が地域にあったらいいよね。と。
ふとみると、窓の外に大きな桜の木があって、心地よい日陰ができてる!
「ここに椅子おいちゃう?そしたら、座ってくれる人が来るかな?」なんて、わくわくしちゃった!

『屋内砂場のお話』
現在のIPAJAPAN会長は同志社大学の幼児教育が専門の教授で長年砂場の研究をされてきた方なのだそう。

北海道では雪が多く、なかなか砂遊びができないと言う事で、屋内砂場を作ったら、東日本大震災があり、外で遊べない子ども達が増え、福島で大活躍したこと。

『公園のフェンスの高さの話』
高いフェンスだと、サッカー、野球など、遊びが決まってくる。
でも、低め(小さい子が投げたボールが外に出ない高さ)だと、遊びに多様性が生まれる。(前回のバスケットコートを壊して自然な感じの校庭にしたら遊びに多様性が生まれてイジメが減ったと言う話にも通じます)
三好丘公園や桜公園のグラウンド。
最近鍵がかかっててもったいないなぁ。

『街の景観などの話』
最近、公園で丈が高めの植え込みがバッサリ!切られていることについて。
不審者が隠れれないようになんだそう。
桜公園の入り口は遊歩道の曲がり角で、絶好の隠れスポット。
確かに危ない!
みよし市の職員さんやシルバーさんはよく考えて下さってるなと改めて感じました。
豊田市が踏切が少なく、高架なのは何故か?
車社会だからかなと思っていたら、「違うよ。」とTさん。
ハザードマップを見てみると、豊田市駅付近は矢作川が決壊した場合、スタジアムから市駅付近は浸水被害が想定されていて、レールが被害に合わないよう高架にしてあるんだって。
街の景色も意味が色々あるんだ!とTさんのお話びっくりです!

『老人ホームのお話』
建築学の大学の先生だったので、教え子に学校や老人ホームを建てた方がいっぱいいらっしゃるそうです。
建てるときにはそこでの生活のことだけでなく、終わりの事も考えて設計されるのだと。
教え子か建てた老人ホームには中庭があって、そこに柱と屋根だけの東屋(小さいパルテノン神殿みたいなもの)を設置。
それは入所者が旅立たれた時に皆で送る場所として使われると。
プレパメンバーあこがれの長久手のゴジカラ村(特養の老人ホーム、デイサービス、古民家、もりのようちえん、福祉専門学校など)も教え子が設計されたそうで、改めてTさん、すごい方なんだ!!!と思いました。
村全体がコミュニティ!
多世代が集える場所。
ほんと、素敵なところです!

ゴジカラ村には全国から視察が絶えず来ていて、ある見に来た方が運動場のない園庭を見て「運動会はどこでするんですか?」と質問。
園長先生、「運動会って必要ですかね〜?ここの子どもたちは毎日でこぼこ道や坂道を走り回ったり、木に登ったりしてますよ〜。」
そもそも、運動会は広島の呉の海軍から始まったのだそう。
なので、外国では運動会はナイ!
衝撃でした!(1番はじめのスポーツと遊びに通じる!)

『卒業式について』
入学式は学校に入るんだから学校で。
卒業式は地域社会に出る日(が迎え入れる日)なんだから、地域全体でやれればいいのにな!と言っておられました。
確かに〜!!!

様々なお話、とっても楽しかったです!
Tさん、また来月楽しみにしています♪

(うえ)  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)

2017年06月14日 08:36

おもしろ遊具

大阪の豊中で見つけたおもしろい遊具。
ハマった!!!

シンプルな鉄の渦巻き。
めっちゃ古そう。

端からジャンケンをしようと乗ってみる。
すると。
カーブを曲がりきれず落ちてしまう。
気分はスイスイ行ける気だったから、超くやしい!
でも、、、おもしろ〜い!!!

子どもも大人も夢中。
年代を超えて遊べる遊具って、なかなかない!
みよしにほし〜い!
(うえ)
  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(1)

2017年06月07日 15:39

6月4日(日)プレーパーク

今回のプレパは気候が良くて気持ちよかった~。

朝から「ひまわりネットワーク」さんの取材が入りました。
レポーターの人も、
けん玉のやり方を子どもに教えてもらったり、
ディアボロをしたり、
靴を履き替え浮雲展望台まで登ったり
「明日は筋肉痛ですね~」って!

子どもについて行くのは本当に大変なんです!
止まったり~ 歩いたり~ 走ったり~
カメラマンさんも頑張ってました。


放送予定は6月24日(土) 地元土曜日応援「じもサタ」で!
チャンネル    : ひまわり12
放送スケジュール : 10:00~11:00
           15:00~16:00
           17:00~18:00


 

森の中、探検隊!
道なき道を探検中。何処に出るかドキドキ。


昔、少年だった方たちが、けん玉修行中!
難しい技を練習しているんです。

その奥で、現代の少年は
ベイブレード!


ザリガニを捕まえにきたけど、釣れなくて~
とガッツリ釣竿持参でしたが、
スラックラインにはまり
助走もつけずに、ひょいっと逆上がりをしてしまうんです!
運動神経の良さに拍手!


自分で考え遊びを創る場所プレーパーク。
プレーパークは子どもと大人の遊びを応援します!

次回は7月1日(土)野外救命救急を予定しています。
もし、外で何かにあったら、どうしよう~
日ごろから練習しておきましょう。 かみ
  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)

2017年05月18日 07:06

IPAJAPAN Tさんとの座談会

IPAJAPAN(子どもの遊ぶ権利のための国際協会日本支部)に長年携わっていたTさんとの座談会は今回で2回目。
IPAJAPANは冒険遊び場作り協会(全国のプレーパークが入ってる)とは姉妹関係のとっても深い関係です。

印象に残ったのは、「校庭」の話。
アメリカの学校ってコンクリートで埋められててバスケットのコートがあるのが普通だったんだって。
でもそのコンクリートを剥がして、木を植えて自然に近い形にしてみたら、イジメが減ったのだそう。
バスケットコートがあったら、バスケットしかしなくて、バスケットが上手い子が学校の中で権力を持つ「強い子」になる。
でも、校庭がいろんなことができるようになって、遊びに多様性が生まれて一人ひとりみんなが楽しく過ごせるようになったら、イジメが減った。
自然回帰で人がまぁるくなる。
素晴らしいなぁ!

Tさん、来月も楽しみにしております!

(うえ)  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)

2017年05月15日 05:56

5月のプレパ


今回は三好丘&旭ウォークラリーがあり、朝は沢山の人が緑地を横切っていかれました。
その数約千人!
ぞろぞろぞろぞろ。
人。人。人。。。。
横目に「何やってるんだろう?」と気にしてくれたり、プレパのパンフを手にとってくれる方もいて嬉しかったです。


一番人気。ザリガニ池。
狩猟本能なのか、男子は朝から夕方までザリガニ三昧。

女の子達も結構釣ってて、どこで習ったわけでもないのにみんな持つのがうまかった!


4年生Sちゃん、ザリガニ釣りにハマって5匹も釣り上げたよ。上手だった!
Sちゃん今回は1人で来ていたね。
うちの長男に「T〜、ザリガニ持って〜」ってお願いしてたね。スタッフ以外に話しかけてるのを見て嬉しくなったよ。


海辺の釣りおじさんのよう!


もともとあった窪地の周りを石で囲んで、ザリガニの生け簀を作ったよ。


チビバス。
乗るとすぐに降りてくれと言われます(笑)
急坂を避けて遠回り。池まで下りることに成功!



毛虫をてなずける女子。
毛虫の動きがアクロバティック!


コマコーナーには小さい子から小学生、大人も。

木工コーナー。


仲良し常連2年生と3年生女子。
共同で家を作るらしい。
「こうしてみる?」とか相談しながら作ってた。


年中女の子。ノコギリを持つのがはじめてなのに、めちゃめちゃフォームがよかった。
その弟くん2歳。ノコギリがかすって、手を立て続けに負傷。慌ててバンドエイドを貼ろうとしてるときにタンクのお茶を見て「お茶のみた〜い」とおねだり。そばにいたスタッフとお母さんは「今!?」とツッコミ。
結局4本の指にバンドエイド。でも強かったね!


子どもたちが池で捕まえた大人の手のひらぐらいあるで〜っかいカエル。ヒキガエル。

山にノソノソ帰っていったね。ゆっくりしてたのにごめんよ。カエルさん。


中1女子。草を抜いてピーピー笛。
おんなじ草を「これはできる!」「これはできないよ」とすいすい見分けていく。


帰りがけ木にかけてある小2女子の工作を発見。
「ブランコ?」って聞くと
「弟を操る機械」ときた。
子どもの発想力とはなんともすごい!

今回はノコギリで手を切っちゃう子や転けて膝を擦りむいた子などケガが多かったね。
大丈夫だったかな?おかあさんに傷を見てもらってね。

プレパが昨日。

今日はプレパ会議。 

明日はIPA(子どもの遊ぶ権利のための
国際協会日本支部)の方とのお話会。

大勢の人や仲間と会える日々にワクワクします♪

(うえ)  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)

2017年05月12日 16:44

本日ザリガニday。日曜はプレパ

昨日朝、ラジオラヴィートを聞いていたら、明日はザリガニの記念日だそうです。と言っていた。

なんですと?

ザリガニの日???

面白そうなので齧り付いて聞いていると、

昭和2年の5月12日、鎌倉にウシガエルの食料用にアメリカから持ち込まれた20匹が逃げ出し、(オドロキ①ブニブニしたウシガエルが硬いザリガニを食べるのか!)昭和30年頃には九州にまで分布!(オドロキ②なんという繁殖力!)した模様。

日本の固有種のニホンザリガニにカビ病をうつしてしまって、ニホンザリガニはもはや東北3県に生息するわずかな数のみ。

ということで、アメリカザリガニは「日本の侵略的外来種ワースト100」に選定されている。らしい。

おそるべし。アメザリ。

パーソナリティの人が
「ザリガニってめっきり見なくなりましたね〜」
と言っていて

「ん??しょっちゅう見てるよ?」

と思わず投書しようかと(笑)

そうです!

ザリガニ池にはザリガニがいます!

めっちゃいます!

透き通った小さなものから、主のような赤い爪のやつまで。
こないだ、黒っぽい太めのもいたので、ウチダザリガニもいるのかも。(これまた外来種)

ザリガニ釣りハマります!
アドレナリン出まくります。

ザリガニはお父さんの酒の肴のようなスルメやイリコが大好き。

日曜はプレパです。
スルメを持って緑地にGO!

暑くなるので、水分は多め、帽子も忘れずにね!



ちなみにザリガニは美味しいらしい。
北欧にはザリガニ祭りというのがあって、家族で山盛りのザリガニの(食用)塩ゆでをひたすら食べるというお祭り。
そういや、一万円生活で(なつかし!)よいこの濱口くんがザリガニ獲って食べてたねー。
さすがにザリガニ池のザリガニはちょっとムリよ?。。。
(よいこのみんなはお腹が心配だからやめとこうね)

(うえ)  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)

2017年04月02日 01:43

雨でも♪

予報は雨があがるとなっていたので、雨具ももたずにプレパへGO! 
冷たい雨がなかなかあがらなくて「あれ??」って感じでしたが、子どもたちは遊びを見つけて楽しそう。

毎度おなじみKEバス。
緑地各地の停留所まで連れてってくれます


ちびっ子バス。「ブーンブーン」超ゴキゲン♪


Eちゃん作漫画をみんなで回し読み。
6巻まであるのや、小説版もあって圧巻!
この題名は「邪気退散の時」
(掲載にあたり、著作権を確認(笑)「住所出さんかったらいいよ〜」とのことで掲載。)
題名にもある魔物?退治に加え、お年頃の女子らしく、恋バナも含まれてたりして、なかなかの読み応え。
漫画作りが家で流行ってるらしい。Kくんのも見してね〜!




展望台にも探検に行ったよ。
その途中の丸太スポット。揺れる丸太がアスレチックみたい。


コマ、ディアボロ、けん玉

世界一周をがんばる大人2人

コマでダンボールにひたすら穴をあける遊び


ザリガニ池にはまだヒキガエルの卵(第2陣なのかしら?)

オタマは?と思ったら少しだけ池に沈んだ葉っぱの陰にジッとしてました!(右の黒いモノ)

卵を手にとった子ども達に「どんな感じ?」聞くと
「プルプル」「トゥルントゥルン」
「気持ちいいよ」
クンクン匂いをかいで、「ちょっとなまぐさい?」(臭いのはきっと池かも)などなど。

手にとったあとはちゃんと池に返しました。
驚いたのが、次中学生になるHちゃんが「触る前にまず手を濡らしてからね」とみんなに伝えていたこと。
水中生物が乾かないように自然と配慮している姿に感動しました。

雨の中楽しそうだった男の子。
ヌカルミになった泥を棒ですくって、池にぽちゃん。
ただひたすら。すくってポチャン。何度もやってたね。子どもにとって大事な「名前のない遊び」ってこういうことだよな〜と見ていて嬉しくなったよ。

そして、最後は大胆に深みにジャバジャバ行ってたな。


丘公園をお散歩。
丘公園の遊具?はかわってて、鉄棒っぽいもので鉄棒をやると棒が太くて難しい。
なのにグルングルン回ってる〜!?

うちのちびもまねっこ。


お腹が空いてお昼のたべかけのイカ焼きを食べ始めたHちゃん。
すかさず食いしん坊2人組(3才、2才)が隣に陣取ります。「ピーチクパーチクおかあさんご飯ちょーだい」とせがむ雛たちのよう。かわいい。

残り少なくなって3才Nちゃんはお腹がいっぱいになりおしゃべりを始めますが、うちの次男Hは無言でチラチラHちゃんと残りのイカ焼きを見つめます。
一度だけ遠慮しがちにちょーだいの手を出してみるが図々しいと思ったのか?すぐに引っ込める。
そして、Hちゃんのお箸の先のイカ焼きがどこに運ばれるのかガン見(笑)
超笑えた〜!
Hちゃんいっぱいくれてありがと〜!


撤収作業を子ども達が手伝ってくれたね。
「僕持って行けるよ」って、大人でもむっちゃくちゃ重たい荷物を持って上がってくれました。すごく頼もしくなったな〜!


雨が思いの外降り続いて、安全上、遊具が設置できなくてごめんなさい。
でも、子どもってすごいな。
雨は雨で楽しそうだった。
こじんまりとして、1人1人の距離が縮まった気がします!
来てくれた方、ありがとう♪

次回開催日は5月14日(日)です。
またね!
(うえ)  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)

2017年04月01日 09:15

プレパやるよ〜

さっきまで降ってた雨もやみました!
10時からプレパだよ♪
今からどこかに出かけようかな?と思ってる方、プレパ〜プレパ〜プレパいかが〜?

ヒキガエルのたまごがオタマジャクシになってるんじゃないかな。
この時期、オタマを見ようと身を乗り出して池にハマる子続出します(笑)
着替え(靴も)をいっぱい持っておしりフリフリして必死に泳ぐかわいいオタマを見に来てね! 


(うえ)  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)

2017年03月14日 18:01

かえるのたまご

緑地のザリガニ池に今年もヒキガエルさんがたまごを産みにきてくれました。
火曜に見たときはなかったのに、今朝見てみるとニュルニュルのチューブ状の中にツブツブのたまごが見てとれました。
不思議なことに出現するのは毎年同じ3月10日前後。
寒い年も暖かい年でも同じ頃にヒキガエルさんのおかあさん達は示し合わせたように山から降りてきてたまごを産むようです。
次回のプレパの頃はきっと元気一杯なおたま達になってるね。


次回のプレパは4月1日(土)ですよ〜!  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)

2017年03月05日 03:37

刈谷でたっちゃん講演会あるよ

3月12日おとなり刈谷でたっちゃんの講演会あるよー!
みよしで自主保育をしていた私たち。
4年前たっちゃんに会ったのをきっかけにみよしにもプレパを作りたいと思い活動を始めました。
Sちゃんはたっちゃんの講演会のその直後、「感動した!プレパ私もやりたい!メンバーになる!」と言ってメンバー入り。なつかしいなぁ!

たっちゃんのお話はパワーがある。

ぜひ、ぜひ、いろんな方にきいてもらいたいです。

。。。。。

よさみプレーパーク&ちいさなお庭&森へ行こう&森のようちえん『こそあど森』を運営する私たちリトルハウスプレゼンツ!!次世代に繋げる主催講演会シリーズ第6弾。

静岡県富士市で、たごっこパーク(プレーパーク)、放課後の子どものたまり場大人のだべり場「おもしろ荘」、そして「こども食堂」と子どもに寄り添う活動を継続してされているNPO法人「ゆめ・まち・ねっと」の渡部達也さん・美樹さん(たっちゃん、みっきー)をお招きします。
あの、たっちゃんみっきーです!

 生きづらさを抱えて生きている現代の子どもたちに必要なこととは?また、子どもたちが本当に求めているのは何か?などを豊富な経験に基づいてお話ししてもらい、僕たち市民ができることを「支援」とはまた違った視点で考えるきっかけとなればと思っています。
ちいさなお子さんをもつお母さんで、外遊びって?プレーパークって?聞くけど、よく知らないわ~でも大丈夫。

教育に携わる方、子育て真っ最中の方だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんも、行政の方、市民活動されている方、学生さん、すべての人に聞いていただきたい内容です。おすすめは両方!聞かれることで、さらに深まります。

ぜひ、一緒に学びましょう。お待ちしています♪

別室託児は、会場の都合上ありませんが、お子さんと一緒に聞けるシート席、後ろの方にはおもちゃを用意しますので、お子さん連れの方もぜひお越しください。

主催者も、2,4才の子持ち。子育てしているみなさんに、今、聞いてもらいたいと思って企画してます。私は子どもが生まれる前に、プレーパークを知っていてほんとに孤独な育児にならなくて救われました。寂しく子育てしているママにも届けたい。


今回、2部制です。こくちーずでのお申し込みです。

岐阜からおだやか荘の御夫婦も来ます。私たちと、市民活動をしている三夫婦のクロストークも、2部の後半でやれるかな?!とも思ったり。

お待ちしてまーす!

日時:3/12(日)
場所:刈谷市民ボランティア活動センター
刈谷市民交流センター1階 (刈谷市東陽町1丁目32番地2)
※駐車場が満車の時は、刈谷市役所の駐車場をご利用ください。
※刈谷駅南口から、徒歩8分

《 第1部》「遊ぶことは生きること」
0才~学童期、たごっこプレーパーク中心のお話

時間:午後2時~4時
参加費:500円
申し込みこくちーず
http://kokucheese.com/event/index/453705/

《第2部》「日常に寄り添い続ける」
学童期~青年期、おもしろ荘・こども食堂中心のお話

時間:午後5時~7時
参加費:500円
申し込みこくちーず
http://kokucheese.com/event/index/454780/

両方参加もOK!
二つとも参加される方は、お手数ですが二つとも申し込みお願いします。

こくちーずが難しい方は、
電話:090ー4219-4221
メール:littlehouse_kouza@yahoo.co.jp
お名前、連絡先、同室されるお子さんの人数、年齢、をこちらへお願いします。

[講師紹介]
渡部達也さん(たっちゃん)


活動についてもっと知りたい方は、「ゆめ・まち・ねっと」で検索http://yumemachinet.web.fc2.com/


・静岡県庁職員として16年、児童相談所や富士山こどもの国等に勤務。・行政ではできない、市民だからできるまちづくりの可能性を感じ、38歳で県庁を中途退職。
・2004年、NPO法人ゆめ・まち・ねっと設立。 静岡県富士市を拠点に活動を続ける。
・土日には、公園と川を舞台に子どもたちがハチャメチャに遊べる環境を保障する「冒険遊び場たごっこパーク」を開催。
・平日の放課後には、商店街の空き店舗を活用した、「子どものたまり場大人のだべり場おもしろ荘」という居場所を作っている。
・生きづらさを抱えた子どもたち・若者たちに寄り添っている。
・個性的な子どもたちの居場所づくりは、日本テレビ「ミヤネ屋」、NHK「おはよう日本」、テレビ東京「がんばれプアーズ」などが特集。・活動の中で次々と出会う生きづらさを抱えた子どもの居場所づくりが高く評価され2011年、総務大臣賞受賞。
・大人向けの「ワンコイン勉強会」は100回越える。
・全国各地での講演会、研修会などにも引っ張りだこ。
・東日本大震災以降は活動に参加する子どもたちとともに宮城、福島へ、今も出掛ける。現地の子どもたちの元気回復のためのお手伝いを継続中。
・読売新聞、日本教育新聞、静岡新聞でコラム連載。情報誌、専門誌への寄稿も多数。  


Posted by みよしプレーパーク │コメント(0)